京つう

  日記/くらし/一般  |  東山区

新規登録ログインヘルプ


スポンサーリンク

上記の広告は、60日以上更新がないブログに表示されています。
新たに記事を投稿することで、広告を消すことができます。  

Posted by 京つう運営事務局 at

trattoria bar IL GHIOTTONEでランチ

ようやく行くことができました、このお店。

trattoria bar IL GHIOTTONE

なかなか予約の取れないイルギオットーネの
カジュアル版です。
トラットリア&バールですから、カジュアル版です(笑)

とはいっても、セレブ系マダムの予約は絶えないようで
予約なしではある意味運だめし状態です。

僕としてはバール目的でランチを楽しもうと思い
2度目の挑戦でなんとかお店に入ることができました。

そしてランチは1000円。

四条烏丸界隈としては標準的なイタリアンランチと
いっていいでしょう。

前菜とパスタorリゾットの選択とパンというメニュー
はこの界隈のイタリアンランチでは標準です。

ちなみに室町通はイタリアンのメッカなんですよ(笑)
その証拠は 癒しの空間in京都
あ、僕のもともとのブログからです。


さて、ランチも終え、帰ろうと思った時に目に入ったのは
ショーケースのスイーツ。
思わず購入しちゃいました。

今、流行りの抹茶ティラミスロールケーキ。
しかも、こんな袋に入っていました。

かわいいでしょ。
少し前まであったイルギオットーネドルチの袋です。
これだけでも値打ちがあると思います。

今度は夕方にギンギンに冷えた氷点下の生ビールを
飲もうと思ってます。ビールサーバーが氷で包まれているんです。



参考です(笑)

リストランテ … レストラン
オステリア … 飲食店。高級店も多い。
トラットリア … 軽食堂。高級店も多い。
タヴェルナ … 大衆食堂
ターヴォラ・カルダ … 簡易食堂。「熱い食卓」の意味。
ピッツェリア … ピッツァ専門店
カフェテーリア … 喫茶・カフェ
スパゲッテリア … スパゲッティー専門店
エノテカ … ワイン専門店
ビッレーリア … ビールやカクテルが飲める飲み屋
メンサ … セルフサービスの社員食堂、学生食堂の意味。

バールもありますが  

2010年08月10日 Posted by dttume at 22:29Comments(0)BAR(バル)

京の七夕 堀川会場 

大文字の送り火の前にあちこちで開催される行事、
特にこの時期は霊を迎える幽玄な行事が多いため
その意味もわからなければ、怖さもいい雰囲気と
感じてしまうことになってしまうのかもしれません。

そんな中、初めてのイベントとして「京の七夕」
という幻想的なあかりイベントが8月6日から
開催されています。

開催は堀川御池上がった堀川遊歩道の堀川会場と
鴨川納涼が開催されている鴨川会場あります。

行ったのは堀川会場。
地下鉄二条城駅前を出てすぐの遊歩道入口から
北上していくと七夕短冊をぶらさげた
笹飾りがライトアップされています。

さらに北上していくと「竹と光」をテーマにした
オブジェが堀川に浮かばすように展示され、
さらに北上していくと光の友禅流しがみることが
できます。

いろいろな光の変化が幽玄さを演出してます。

さらに北上し、丸太町通りを越え、
しばらくすると光りの天の川が見えてきます。

ここがいわばメインというか、人の流れが混雑する
スポットになってます。

川には精霊をイメージするような光りの玉が
流れていますが、

これは「いのり星」と呼ばれているそうで、
さらに幽玄さを増してくれます。

そんなわけで、19時のライトアップに合わせて
夏の夜の光と竹の演出が新たな京のイベントととして
開催されているのです。

なお、これに合わせて、協賛イベントとして
清水寺、高台寺、圓徳院、六道珍皇寺、平等院、
石清水八幡宮、貴船神社、三千院、法観寺、八坂神社
白峯神宮といった寺社ではライトアップを
中心とした夜の行事を開催しています。

これらの寺社では浴衣などの和装でいくと
割引やサービスを提供してくれているところも
あるようです。

大文字送り火の前まで開催されてますので、
ぜひ、京の夏の夜を満喫しましょう  

2010年08月08日 Posted by dttume at 02:21Comments(0)京の風景

東山のうをかめが四条烏丸に!

東山界隈では名を馳せていた七条京阪の「うをかめ」
オフィス街へ進出しました。

もともと本町の老舗京料理仕出屋「魚亀」の3代目として
料亭で修行して出したお店が京阪七条駅前にありました。

料理はもちろん、この3代目のイケメンぶりもそこそこ
評判でした。これはうちの嫁からも問い合わせがあったくらい
ですから。
そんな3代目は

こういう書き方すると期待させてしまいますね(笑)

イケメンもいいですが、料理でも

こんなのも

写真は撮れてないのですが、レンコンのはさみ揚げや
出し巻きは本当に絶品です。

お店の雰囲気も

今は東山時代のお客さんが多いようですが、何度か新町綾小路
界隈を歩いている時に前と通ると、OLさんやマダム風のお客さんで
埋まっているところを見ています。

サラリーマン時代はこの近くに職場があったのですが、
いつしか綾小路通も飲食店が並んでいます。

そんな激戦エリアになりつつあるこの地で、東山で支持された
腕前を大いにふるってほしいと思ってます。

旨い酒に旨い料理、それこそが仕事疲れを癒す一番の
時間空間だと思ってます。


あっ、3代目うをかめ(上記画像)とそのお兄ちゃん(僕の同級生)も
いずれも彼女募集中です!  

2010年08月03日 Posted by dttume at 23:47Comments(0)居酒屋

リド飲食街のじじばば

やっと長い間行きたかったお店に行くことが
できました。
場所は

昭和の風味がたっぷり

こんなお店の並びの中にあるのは

酒肴屋じじばば

生ハム好きの僕がこのお店を知ったのは
このお店にハモンイベリコペジョータがあるとい噂を
聞いたからです。

通路からのぞくとイベリコの足を確認することが
できました。そして取り扱っている食材から
スペイン系のお店と思いきや・・・・

ホタルイカのあぶりスルメ

まさに酒の肴です。
酒も35歳以上限定?!の神亀酒造のレアなお酒のほか
ワインや焼酎、梅酒などなどそろってます。

そして、そのあても・・・・
ひとりで行ったので食べたいものを全部食べるわけには
行かないほど食べたくなる酒の肴がたくさんそろって
いました。

もちろん生ハムも。ついでにイベリコチョリソーも注文。
そして、エビのアヒージョもありました。

エビがプリプリでうまかったです。

それにしてもお店に入ったとき(18時前)僕以外は
1組お客さんだけだったのに1時間もしないうちに

そんなわけで締めを注文しました。
締めの前に注文したのは
G" alt="" >
神亀酒造の心のおそうじビンテージ2002純米吟醸無濾過生原酒

そしてこのお酒に合わせる締めは

武生直送の越前おろしそば 蕎麦湯つき

そばに日本酒はあいますよね。
ひとりで楽しむには本当に贅沢な時間でしたが、
まだまだ食べたいメニューがいっぱいあったので、
京都駅からの帰りには必ずこの昭和風味のリド飲食街を
通ってみようと思ってます。


  

2010年07月28日 Posted by dttume at 20:50Comments(0)居酒屋

ただ今10食限定門扇の冷やしラーメン

暑いですねぇ。
この暑さに食欲も下がりつつありますが、
どうしても食べるものも、冷えた麺類に
頼ってしまいますね。

先日、久しぶりに祇園の焼鳥屋門扇に行ってきました。
カウンタのおかれていたメニューに
10食限定冷やしラーメン

10食限定なのは、スープはいつもの鶏がらラーメンの
スープとは異なった取り方をしなければならないからです。

スープも冷たいわけですから、脂とコク、味のバランスが
ポイントになるのです。

さっぱり塩味のこの冷やしラーメンは鶏ガラのコクも
しっかり残っているのです。
もちろん、コラーゲンもたっぷり!

このままでも十分いけますが、このラーメンを楽しむ
バリエーションもあるのです。

まずは、
ポン酢を少しかける

小皿に冷やしラーメンと取り、そこへ
ポン酢を少しかけます。
夏らしくさっぱりした味になります。

次はこれ

お店オリジナルの鶏そぼろ入り食べるラー油

これだけでご飯を注文して、ガッツリ食べる方も
おられるくらいですが、それは辛抱して、
こんな感じでラー油をかけます。

鶏の風味とそぼろの甘みが最初に広がるのですが、
あとからじわじわとしびれる辛みが冷やしラーメンの
食欲を掻き立ててくれるのです。

さらにこのラー油を多めに入れて混ぜるととプチ冷やし坦々麺に
変身します。これはラッキーです。

そんなさまざまなバリエーションを楽しみながら、
夏の夜の食欲を満たしていたのでした。

あ、お店のホームページ開設とともにラーメンのお取り寄せが
出来るようになりました。

詳しくはこちら

こんなイケメンもいます!









  

2010年07月23日 Posted by dttume at 21:58Comments(0)ラーメン

龍谷大学には重要文化財があります。寺院じゃないですよ

もう3週間ほど前になりますが、友人の結婚式に
参列してきました。

場所は龍谷大学大宮キャンパス

校門に入るなり、映画のようなシーンが僕の目に
入りました。写真は本堂です。

そして左を見ると

さらに右を見ると

これすべて重要文化財です。

これらの中にある中庭には木陰とベンチもあります。
これからはやや厳しいですが、春や秋の心地いい季節に
風と空気と目に映るシーンに癒されてみるのも
新しい京都の楽しみ方かもしれません。

秋にもう一度、癒されに行こうかと思ってます。  

2010年06月22日 Posted by dttume at 13:27Comments(0)京の風景

京の坦々麺 四条 竹の坦々つけ麺で8つの味を楽しむ

先週このお店の存在を知り、1週間気になってました。

四条 竹

昼は坦々麺、夜は鉄板居酒屋。
もちろん、お目当ては坦々麺。
今日は暑かったので、坦々つけ麺を注文。
それがこれ。

九条ネギがたっぷりの京の坦々つけ麺です。

このつけ麺、僕は勝手に食べ方を楽しみました。

1.何もつけずに麺のコシを楽しむ
2.つけ麺のスープを味わう
3.麺だけをスープにつけて味わう
4.ひき肉をスープに入れて麺とスープを絡めて味わう
5.黒ゴマをスープに入れて
  ひき肉、麺、スープを絡めて味わう
6.九条ネギを少しだけ入れて
  黒ゴマ、ひき肉、麺、スープを絡めて味わう
7.残っている具を全て入れて麺とスープを絡めて味わう
8.麺がなくなった後、備え付けのダシでスープを割って
  スープを味わう


どうでしょう、この楽しみ方。
え?ラーメンばかって?

スープのコクと九条ネギの風味とさっぱり感は
なかなかいけましたよ。

また、行こ。  

2010年06月17日 Posted by dttume at 21:40Comments(0)ラーメン

五条烏丸にバル Santres(サントレス)

いよいよ近所にできました。
スペインバル。

Santresサントレス

6月にオープンしたばかりのお店です。
EL FOGONで飲んでいた僕は、このお店のことを
聞き、すぐに食いついてしまいました。

そんなわけで、いつもの定番メニューを注文

ここの生ハムはハモンセラーノ。
赤身をしっかりかみしめます。

カウンターの柄もかわいく、親しみやすいかと思います。


この日は高校の同級生と偶然に遭遇。
久しぶりの再会に酒もどんどん進んでいきました。
夕方から飲んでいたので、かなりご機嫌さんではありましたが、
これもバルのよさなのかもしれません。

近所なので、これからも地元の友達と出会いとかあるかも
しれないというひそかな楽しみを持って通いたいものです。

あ、値段は良心的ですよ。しかも女性比率は高い!
女性ひとりのお客さんもいましたよ。  

2010年06月11日 Posted by dttume at 18:37Comments(0)BAR(バル)

高瀬川でホタル

ホタルの話題があちこちで出ていますね。
僕も昔は高雄の奥にある杉坂というところまで
行って、見てました。

そんなホタルを最近、高瀬川で見ることができました。
とはいっても宝探し程度の数ですが、そんな町中に
いることに驚きました。

子供たちにとっては近くでホタルが見れたことで
いい経験だったかもしれません。

この先、高瀬川でホタルがキラキラと輝き、手に取れる
くらいになることを願いたいです。  

2010年06月09日 Posted by dttume at 20:58Comments(2)京の風景

お昼約2時間だけの営業 焼きそば専門店 おやじ

今日は午前中、京都市内をうろちょろ。
自宅へ帰る途中で、先輩と遭遇。
昼ごはんに誘われ、案内することに。

地元でもなかなか行けないお店へご案内。

焼きそば専門店 おやじ

僕は2回目ですが、このお店、
以前はお昼と夕方に営業していたのですが、
最近はお昼11時から13時過ぎまでの
営業しかしていないので、タイミングが
合わないとなかなか行けないのです。

タイミングというのは・・・
やはり、人気があるので、7,8人の
カウンター席のみなので、なかなか入るにも
タイミングなんですよ。
(あ、待っていればいいんですが、
 待ちは苦手なので・・・)

人気がある証拠に、僕が座った横には
芸能界でもグルメ通のダチョウ倶楽部の
寺門ジモンさんがおられました。
そして、目の前で作られる焼きそばに
感動されていました。

そんなわけで、僕は先輩とともに
焼きそばとトッピングに油かすとかた肉を注文。

豪快に出てきました。

味は甘辛いソースがトロッと絡み、濃厚さが
そばを通じて口の中で広がってくるのです。
そのソースの甘みの余韻は30分くらい残ります。

昼間なので、飲めませんでしたが、
ビールとともになら・・・・


ジュル・・・・(よだれ)


  

2010年05月27日 Posted by dttume at 15:30Comments(0)京都らしさ

壮絶?BAR STREETの中のIL LAMPO

しばらく出てこないと街並みも変わりますね。
そんな実感をしたのが、河原町三条をⅡ筋上がった
通りです。

いつのまにかBARだらけ。

そんな中、この並びではかなり前からあり、
気になっていたお店が

IL LAMPO

ようやくお店に行くことができました。
とはいえ、次の宴会までのつなぎだったので、
生ビールと生ハムだけでした。


サンダニエーレ産の生ハムにのどカラカラでの生ビール は体全身がしびれます。
まさにお疲れの1杯です。

そこでの落ち着いた雰囲気のお店は疲れを癒してくれます。
心地よかったです。



次回はゆっくりと過ごしたいです。  

2010年04月01日 Posted by dttume at 21:51Comments(0)BAR(バル)

隠れ家バール Tatezan kyoto

一昨日のスペインバルに続き、昨日は
バール(イタリアン)へ行ってきました。
昨日、オープンしたお店です。

Tatezan kyoto

もちろん、バールですので、期待は生ハムです(笑)

サンダニエーレ産のプロシュートです。
生ハムのうんちくを言うつもりはないのですが
イタリアでは豚の種類ではなく、生ハムの産地
でブランド化されているようです。

これに、ヒューガルデンホワイトが生で飲めます。

ビール好きにはこれで十分です(笑)

田の字地区の中にある路地を入ったところにあります。
普通に歩いていても見つけることはできないかも・・
それゆえに隠れ家的存在と言えるでしょう。

1階はカウンターですが、2階はテーブル席に
ソファ席があります。


料理も季節の食材を活かした料理もあり、料理を
楽しめることもできるかと思います。

ゆったりバール使いにがっつりディナー使いと
どちらでも使えます。

京都らしいバールに風情を感じてみるのもいいのでは
ないでしょうか。

  

2010年03月13日 Posted by dttume at 15:35Comments(0)BAR(バル)

BAR MAR(バルマル)は本日の2軒目です

久しぶりの投稿です。
昨日は久しぶりにはじけてしまいました。
バル(スペインバル)のはしごです。

サラリーマン時代に東京出張でバルの
はしごはしたことありいますが、地元京都では
初めてです。

京都でのバルの認知もされてきたのかもしれません。

そんなわけで最初は久しぶりに
JAMPCKへ行きました。

イベリコペジョータ(生ハム)にマンチェゴ(チーズ)
というここでの定番を注文しました。

自分の確定申告が終わった解放感のせいか、
生ビールがどんどん僕ののどを癒すように通っていきます。
締めはウニクリームのリングイネ(上記画像)

ツルツルと滑らかにウニクリームとともに流れていく
リングイネの表面としっかりとしたコシがなんとも
たまりません。

そんなJAMPACKをあとに次のバルへ。
先月オープンしたBAR MAR(バルマル)

四条烏丸の東にあるこのお店。仕事帰りの
立ち呑みの新たなシーンになりそうです。

気さくで陽気な雰囲気に手ごろ感のある
料理は仕事疲れを忘れさせてくるのかもしれません。

そんな中、僕はバルへ行くと必ず注文するものを。

生ハムにアヒージョ。

生ハムはイベリコ豚とプロシュート(パルマ産)が
あるようです。
アヒージョは日替わりのようで、その日ある食材で
決まるようです。
とはいえ、僕は定番のエビで。

久しぶりにバル開拓の興奮を感じました。
ほんとに久しぶりです。

この後は・・・・宴会に合流し、そのあと2軒ほど
誘惑のネオンの光線を浴びていました。

あぁ~・・・・よう飲んだ(汗)  

2010年03月12日 Posted by dttume at 15:14Comments(0)BAR(バル)

バーガー戦争?東山・清水

これ、京都バーガーと言います。

先週、清水寺の産寧坂の近くにハンバーガーの
お店がオープンしました。

一穀(いっこく)

事務所が近所だった手前、オープン記念割引券を
もらったので、早速、行ってみました。
町家風の建物の中は大正ロマン風。
テイクアウトもできますし、大正ロマンに囲まれて
食することもできます。

一見普通のハンバーガーですが、
バンズは抹茶味。
ハンバーグの上には京都の生麩、京野菜
さらにソースは白味噌のオリジナルソース。
まさに京都テイスト。

一方、清水寺から降りてきた東大路通りには

こちらはアメリカンテイストです。

なんせ、サイズは半端じゃないですから。
注文したのはもちろん

スマイルバーガー

見た目も味もアメリカンです。


え?1日で2個買ったって?

いいえ、スマイルバーガーは今年の春です(笑)


その昔、五条坂にモスバーガーがあったのですが、
いつのまにかなくなっていました。

そして、スマイルバーガーの登場は衝撃的でした。
それは東大路通に目立つ看板に、店頭に
ぶら下がっているスマイルバーガーQ(クアトロ)
の画像。

そんな中、観光ストリートの近くに落ち着いた
雰囲気の建物に、京都を演出したハンバーガーの
登場。

さりげなく、バーガー戦争が勃発しているのです(笑)


え?過剰記事ですか?(笑)  

2009年11月27日 Posted by dttume at 21:13Comments(2)京の風景

祇園の舞妓はん 市和佳はん

宴会の席に舞妓さんが来られました。
祇園のクラブへ行くのも久しぶりでしたが
クラブに舞妓さんが来るサービス?が
あったようです。
(幹事が呼ぶはずないしな・・・)

こられたのは祇園甲部の市和佳さん

19歳だそうです。

自分の年齢よりも半分以下(涙)の
舞妓さんですが、ちゃんと話もあわせて
くれはるし、さすがなもんです。

名刺代わりの千社札をお願いすると
こんなのをいただきました。


どこの舞妓さんも持っておられるのでしょうか?
千社札といえば和紙でできたもの
だと思っていたのですが、これはこれで
趣があります。

お座敷遊びではありませんが、
久しぶりに舞妓さんとお話しするのも
新鮮な気分です。  

2009年11月15日 Posted by dttume at 21:03Comments(0)京の風景

セレブも通うグリルフレンチ

1ヶ月も前に行ったお店ですが・・・
道に迷いながらたどり着いたお店です。

住宅が並ぶ中に同化しているお店でした。
Grill French(グリルフレンチ)

名前はフレンチですが、ちょっぴり上品な
洋食屋さんです。
(カテゴリはフレンチなってますが洋食屋です)

この日は宴会で行ったのですが、参加した何人かは
このお店のファンのようで、おすすめがあれこれ
あるようでした。

まずは・・・

クリームコロッケ
トロトロホワホワにサクサクのころもです。

次に

ハンバーグ
ジューシーなハンバーグに
マイルドな目玉焼、デミグラスソースと混じる
トロトロの黄身はまさに黄金の味。

この日はコースを注文していたのですが、
わがままなおじさんたちは別でこのような
おすすめな逸品をどんどん注文されたのでした。

このほかにもカレーライスやエビフライもおすすめの
ようですが・・・

1度の来店でそんなに食えません(笑)

でも、最後に

別腹ものはちゃっかりいただいちゃいました。

二条城界隈にあるこのお店、京都のセレブや
各界の著名人も気軽に来るお店のようです。
そんなお店の1階の奥の空間(秘密の空間?笑)
でいただけたのはラッキーだったようです。  

2009年11月03日 Posted by dttume at 00:14Comments(0)フレンチ

祇園のcafe&dining COMFOR

先週、久しぶりにイタリアンを満喫しました。
こんな雰囲気で。

こちらはバーカウンター。
食事をしたのはテラスのほうです。

ここは祇園にありますcafe&dining COMFOR

コンフォールと読みます。
この界隈ではよくありますが、町家風の建物の
イメージを覆すセレブを感じる空間に、酒も料理も
この身を酔わせてくれます。


手長エビのグリルと帆立のグラタンです。

値段も良心的なので、20代の男性諸君も
ここぞという時の設えで使えるのではないかと
思います(笑)

ちなみにテラスにはシェル型のラブシートと
呼ばれるシートがあります(笑)
テラスから外側に向いてますので
熱い二人の空間を演出できるのではないでしょうか。
  

2009年09月22日 Posted by dttume at 21:31Comments(2)イタリアン

鶏がらラーメン門扇 本日オープン!

いよいよ本日オープンです。
鶏がらラーメン門扇です。
昨日はお店のレセプションへ行ってきました。

画像はとりラーメン。
ジューシーなとりチャーシューが入ってます。
ラーメンの特徴はなんと言っても鶏がらスープ。

他の店にはない鶏がらならではのあっさりコクの
ある白濁色のスープです。
これに細麺はぴったりです。

今日から27日まではラーメン全品ワンコインの
500円でいただけます。ぜひ・・・

目印はこの大将(笑)

味は祇園や藤森にある焼鳥の門扇で確認済み。
祇園では隠れたラーメン名店となってます。
焼き鳥屋さんですが・・・・。

場所は西木屋町。四条河原町から2筋目を
木屋町方面へ。こんな入口です。21時~朝6時まで

京都を感じるラーメンです!  

2009年09月19日 Posted by dttume at 08:17Comments(0)ラーメン

ラーメン屋さんのオープニングスタッフ募集!

9月19日に新たにラーメン屋さんが
オープンします。

祇園界隈では隠れた名店となりつつある、
門扇

です。焼鳥屋さんですが、焼鳥は当然のことながら
祇園界隈で人気なのは鶏がらコラーゲンたっぷりの
あっさりコクのあるつくねラーメンなのです。

あまりのラーメン屋使いが多いため、大将も
とうとうラーメン専門店を出すことを決断されたのです。

鶏がらラーメンは京都を感じる風情と味わいのある
ラーメンです。

そんなお店のオープニングスタッフをただ今募集中
なのです。

ぜひ、京都のらーめん業界に新たな風を巻き起こす
主人公の一人になってみませんか?

詳細は
075-645-6077 門扇本店
お75-541-6077 祇園門扇

お気軽にお問い合わせ下さい。
なんならお店へ行って、ラーメンを食べてみては?
納得しますよ!
  

2009年09月03日 Posted by dttume at 18:22Comments(0)ラーメン

Citron sucre でクリームブリュレ

久しぶりのカフェ。
しかもスイーツ。
さらにランチの後の癒しのひと時。

ちゃんと仕事はしてますよ。
クライアントとクライアントの合間ですから。
場所は室町姉小路。

Citron sucre(シトロン スクレ)

以前紹介したシトロンサレの姉妹店です。
このお店の時も時間調整でしたが、
今回も時間調整で利用させていただきました。


そんな中で注文したのは

クリームブリュレです。

最近は男性のスイーツ好きも注目されていて
男性が気軽に購入できるような仕組みとかも工夫されて
いるようですが、元祖スイーツ好き(?)から言わせると
そんなもんではまだまだ!

周りの目を気にしたり、恥じらいを感じたりするようでは
本物ではないです(笑)

男2人で堂々とパフェを食べながら、パフェ談義を
していたのは20年前です。
そこからいろいろなカフェやスイーツを求めて
女性客ばかりのお店も一人で顔を引きつらせながら
入って、タルトを買ったり、カフェでジンジャーエールを
飲んだり・・・・

あ、そんなこと自慢しても意味ないね(笑)

まあ、スイーツ好きが広がっていくことも
いいのではないでしょうか。
  

2009年08月29日 Posted by dttume at 14:05Comments(0)CAFE