京つう

  日記/くらし/一般  |  東山区

新規登録ログインヘルプ


スポンサーリンク

上記の広告は、60日以上更新がないブログに表示されています。
新たに記事を投稿することで、広告を消すことができます。  

Posted by 京つう運営事務局 at

鶏匠舞 佐平

長いこと放置したままで、気がつけば
ネタがたんまり。

少しずつたまったネタをアップしていきます。
お店の方にはブログ載せると言ってるのに
のせていない現状にあせってます。

そんなわけで、久しぶりの投稿は祇園にある
隠れ家・・・にずっとしておきたいくらいのお店
ですが、それではお店が儲からないので、
なくなっても困ります。

そんなずっと残ってほしいお店です

花見小路富永上がるにある鶏匠舞 佐平。

バベルの竹谷さんから教えていただいたお店ですが
(バベルも今だにアップしてないんだ 汗)
京赤地鶏の専門店です。

鶏屋で鶏をさばいて28年の大将(といっても
僕の1つ上のかたですが、)それだけの
キャリアと信用でいい京赤地鶏を優先的に
選べるくらい業界では顔の知られた方のようです。

それゆえに、

鶏刺身盛り合わせ(小)もこれだけの内容

さらにはあまりとれない白肝は

がっつり

もちろん焼き物も

噛めば噛むほど味わいあるひな鳥に手羽先

他にも揚げものもありますし、めったに味わえない
部位もあれば出してくださります。
これらが祇園ではありえないほどのコストパフォーマンス
高さは価値ありだと思います。

昨年の5月にオープンしたのですが、最近、祇園の
クラブ帰りなどの深夜族にも最近は広まりつつあるのが、
これ

鶏ラーメンです。これを目的に来る深夜の客も
増えつつあります。

京都の水炊き屋さんの白濁色のスープに
より忠実な味となっているこのラーメン。

もちろん、ラーメンの数は多くはとれませんので
なくなり次第売り切れです。本当に少ないですよ!

さらには、

ジューシーな京赤地鶏の肉汁と甘めの割り下が
程よく混じり合った味わい深い親子丼。

口に入れる寸前から、「うまい」と感じてしまう風味は
そんなにそこらにはないと思います。

あまから手帖に1,2月と立て続けに取り上げられる
ように1度味わうと、もう一度行きたくなるようなお店です!


が、

隠れ家的存在でいてほしんだけどなぁ~  

2012年03月17日 Posted by dttume at 22:54Comments(0)居酒屋