京つう

  日記/くらし/一般  |  東山区

新規登録ログインヘルプ


スポンサーリンク

上記の広告は、60日以上更新がないブログに表示されています。
新たに記事を投稿することで、広告を消すことができます。  

Posted by 京つう運営事務局 at

清水の創造発信カフェ 六館堂

シルバーウィークの清水寺界隈は観光客でにぎわってます。
そんな中、Tシャツ短パン姿で仕事をしていた僕は、散歩を
兼ねて清水寺界隈をうろついていました。

そこで出会ったのは六館堂

和をテーマにアクセサリーや雑貨や天然素材を使用したコスメを
販売しているshopが1階にあり、この奥へ行くと地下へ下りる
階段があるのです。

この地下こそが創造発信基地ともいうべき空間。

明るく綺麗な空間です。
ここは地元のいい素材やオーガニック食材を使用し、手作りに
こだわった無添加のオーガニックカフェなのです。

そしてオーナーは女優でもあり、現在、映画製作中の映画監督
という異色の才女柳明菜さんです。
少しお話させていただきましたが、魅力的で素敵な方でした。

そんなドキドキ体験とともにいただいたのは、もちろんスイーツ!

季節のフルーツとこのお店オリジナルの「京都米ワッフル」

ワッフルは玄米と豆乳で作られており、ふわふわサクサクと
軽い食感とあとにくるモチモチ感が従来のワッフルとは違います。

そのワッフルに豆乳アイスとメープル、そして季節のフルーツ
としてラフランス(洋梨)が添えられています。

ゆったりと広く贅沢に使われた空間で体に優しい素材に
白砂糖、添加物 一切使用していないスイーツは身も心も
創造的な癒しの空間なのではないでしょうか。  

2010年09月23日 Posted by dttume at 22:35Comments(0)CAFE

efishでサンドが食いたかった

日中の暑さも少し和らいできましたね。
とはいえ、太陽に日差しに当たると暑いですが。

これからの時期は秋を感じるそよ風が気持ちいい
ものです。そんな時はテラスのあるカフェや
バルでクイっとビールなんぞ・・・・

いやいや、お仕事中ならそんなわけには
いきませんが、昨日は打ち合わせで食事に誘われ
珍しく僕がわがままをいって、ガッツリ系に
なりかけのところをカフェランチへと要望しました。

無性にefishのツナとカッテージチーズとアボガドの
サンドイッチが食べたくなりました。
この時期なので本当は真下が鴨川を臨む窓側に

座りたかったのですが、人気のある席なので、
空いていませんでした。

そんなわけで高瀬川側のテラスに座りました。
でも、ちょうど日陰で風が吹いていたので
本当に気持ち良かったです。
そして・・・

久しぶりのツナとカッテージチーズとアボガドのサンド

意外とボリュームあります。
食事しながらの打ち合わせだったのですが、打ち合わせ相手が
コーヒーでもということで言われたので、コーヒーの飲めない
僕はジンジャーエールを注文しようとしました。

しかし、相手がメニューで目に留まったのが

ゴールデンパインとマンゴーのスムージー

おっさん二人でカフェのテラスでこのかわいい
スムージーをいただいちゃいました。

2時間ほどの打ち合わせでしたが、相手はこの日常を
忘れそうな空間を気に入ってくれたようで、
中味のある充実した打ち合わせができたと喜んでいました。


おやつの時間のカフェタイムが楽しくなる季節に入るのが
うれしく感じる昨日のひと時でした。  

2010年09月18日 Posted by dttume at 22:03Comments(0)CAFE

白桃のかき氷を祇園のカフェ 祇園 日(NITI)

暑い日が続きますね。
こんな時は、やはりこれ

白桃のかき氷

これがいただけるのは祇園のとある路地

昔なつかしい風景にこの氷のマーク

しかし、中に入ると町家は町家でも上品な空間

氷は「日光 天然の氷 四代目徳次郎」という
貴重な氷が使用され、その氷で作られたかき氷は
まさに雪のよう。ふわふわです。

そこに白桃やイチジク、マンゴーといった生果実と
ワインで煮詰めたシロップで絡め、ふわふわの食感と
甘くさわやかな味を楽しむことができます。

夏の暑い日に目と体が癒された思い出は
この路地のようにきっと遠い記憶として残るのかも
しれません。

  

2010年08月26日 Posted by dttume at 22:39Comments(0)CAFE

Citron sucre でクリームブリュレ

久しぶりのカフェ。
しかもスイーツ。
さらにランチの後の癒しのひと時。

ちゃんと仕事はしてますよ。
クライアントとクライアントの合間ですから。
場所は室町姉小路。

Citron sucre(シトロン スクレ)

以前紹介したシトロンサレの姉妹店です。
このお店の時も時間調整でしたが、
今回も時間調整で利用させていただきました。


そんな中で注文したのは

クリームブリュレです。

最近は男性のスイーツ好きも注目されていて
男性が気軽に購入できるような仕組みとかも工夫されて
いるようですが、元祖スイーツ好き(?)から言わせると
そんなもんではまだまだ!

周りの目を気にしたり、恥じらいを感じたりするようでは
本物ではないです(笑)

男2人で堂々とパフェを食べながら、パフェ談義を
していたのは20年前です。
そこからいろいろなカフェやスイーツを求めて
女性客ばかりのお店も一人で顔を引きつらせながら
入って、タルトを買ったり、カフェでジンジャーエールを
飲んだり・・・・

あ、そんなこと自慢しても意味ないね(笑)

まあ、スイーツ好きが広がっていくことも
いいのではないでしょうか。
  

2009年08月29日 Posted by dttume at 14:05Comments(0)CAFE

Citron saleで時間調整中

ただ今、Citron sale(シトロン サレ)というお店で次の宴会まで、時間調整中です。
1階はケーキ販売、2階はブラッスリーカフェでカウンターとテーブル、3階はソファとなっています。
僕は2階のテーブルでひとり寂しく(笑)2杯目のビールに突入です。
今日は2つの集まりがあるので食べるほうは控え目にしておかないといけないので、きのこのマリネにドライトマトのマリネ、オリーブとアンチョビのマリネだけにとどめてます。でも、最後に塩キャラメル系スィーツはいっておきたいのですが・・・。
えっ?ビールにスィーツはおかしい?


でも、食いたいやもん(爆)

  

2008年05月23日 Posted by dttume at 18:57Comments(0)CAFE

ロビンソンで風に吹かれて

久しぶりにBoulangerie cafe dining Robinson (ブーランジェリー カフェダイニング ロビンソン) でランチを食べました。

ここではいつもサラダランチなのですが、今日はパスタが食べたかったので、パスタランチをチョイス。

仏光寺通側のテラスの窓が開いていたのでさわやかな風がお店の中に入ってきていました。

そんなささやかな心地よさを感じながら、ここしばらくの疲れを癒していました。

近所のBoulangerie dining Next Robinson(ブーランジェリーダイニング ネクストロビンソン)ができてから、こちらに来たの初めてだったので、パンの違いを知ることができました。

サービス形態は同じですが、作られるパンは同じかどうか・・・前から気になっていましたから・・・
いずれにしてもちょっぴり変わりダネのパンがあるのはどちらも同じです。

今日はトマトのパンや抹茶のパンなど彩のあるものを食べちゃいました。

久しぶりに来たロビンソンでしたが、相変わらず、楽しませてもらいました。

あ、そうそう携帯ポイントが2300ポイントもあるけど・・・・どうしよう

  

2007年05月17日 Posted by dttume at 13:26Comments(0)CAFE

烏丸はflowing KARASUMA

最近の烏丸界隈はどんどん変化していってます。
烏丸通にはホテルが2軒(1軒は既に営業中)、1本西の室町通にもビジネスホテルが1軒。

そんな中、今日は北國銀行へ行ってきました。
あっ、じゃなくって・・・・
flowing KARASUMAへ行ってきました。

建物は前身の北國銀行の建物を使いつつ、中味は見事に改装。
1階はcafe diningとなっています。

さすがに銀行の名残があり、といっても烏丸界隈の銀行はおしゃれな西洋建築の建物ばかり
だったのですが、どんどん壊されていく中で、ここはその面影を残していたのです。

そういう意味では高い天井はまさにその趣を残されていて、ゆったりと空間を感じさせてくれます。
西洋建築の中でのランチは、ちょっぴり異次元空間を味わうことができました。

どんどん開発されていくビジネス街ですが、残されるべきものは残してほしいなぁと思います。
まちの空間にも文化はあると思います。

そんな文化を育めばこそ、豊かな心も育まれるような気がします。


え?えらそう?

                  たまにはええやん(笑)  

2007年05月12日 Posted by dttume at 13:30Comments(0)CAFE

CAFE rumble FISHで心の休息

最近、心の余裕もなく、バタバタとしていました。
そんな心境の中、つかの間の癒しを見つけました。

ここは御池小川のCAFE rumble FISH(ランブルフィッシュ)

町家の路地奥にある隠れ家的cafeとでもいいましょうか。

懐かしさとおしゃれさを感じさせてくれます。

お客さんところへ行く途中に見つけたのですが、歩いているといろいろな顔が見れて
意外と楽しいです。
このお店もたまたま歩いていた時に見つけました。

入ってよかった・・・・・正直な気持ちです。

ストレスという言葉が本当に実感する最近でしたが、ここにいた瞬間はそれを忘れさせてくれました。


コーヒー嫌いが原因で喫茶店にいかなかった僕が、一人でカフェでたたずむ・・・
そんな姿を自分自身でも想像できません。

でも、今の自分が事実ですから・・・・。

                                       え?心が弱ってるって?




だれか癒して・・・・。  

2007年05月01日 Posted by dttume at 23:44Comments(0)CAFE

efishで組織力?!

今年に入って自分の時間をなかなか確保できないのが残念なのですが、まぁ、日々いろいろなこと起こります。これも僕という存在に与えられた試練なのでしょうか?といっても大きな問題でもないのですが。

そんな日々直面する問題や何かを創造する時に僕はcafeで考えることがあります。
コーヒーも飲めないのに一人でcafeに行きます。

気がつけば、年末のお話という、かなり前のことなのですが、家の近所にあるefishでクリスマス前のとある夕方に一人で考えているふりして、ぼぉ~っとしていました。

セミナーのネタとして「組織力を高める」をテーマに話をすることになったのですが、というより、自分でテーマを決めたわけですが、なかなか説得力のあるものに、退屈しないものにならないのです。

ただただ、どこぞのテキストをそのまま言うのであれば、簡単なことなのですが、やはり来ていただいている以上はひきつけたいですから。

そんな創造性を自分なりに求めて、efishでジンジャーエールを飲みながら、ぼぉ~っとしていました。このお店、京都だけでなく、全国的にも有名なお店だそうです。確かに居心地はいいです。一人でも二人でも癒されます。

なぜ、人気があるのかはわかりません。しかし、cafe好きになって2年ほどの僕が思うことは、

ゆったりした空間
音楽
料理

に自然環境や趣味等のこだわりといった要素が備わっているお店ほど、人気があるような気がしました。

組織力のねたを考えているはずが、cafeというお店に求められるものなんて勝手に分析したりしている自分がいました。まさに自分の世界の中で自由に解放している状態でした。

さて、話を戻して組織が組織として向上するポイントとしては

理由づけ
動機づけ
習慣づけ

があると言われます。とかく習慣づけとしての仕組みを提供することがクローズアップされることが多いのですが、競争原理の働いている組織では習慣づけだけでも十分通用します。しかし、組織のメンバー間で競争状態にない組織ではやはり理由づけ、動機づけが重要になってきます。

そんなことを思っていると自分が今おかれている環境において、自分がセミナーで伝えようとしていることを本当に実践してその理屈を裏付けたいと言う思いになってしまうのですが・・・・

これがまた、なかなかうまいこといかないのです。人間とは難しい生き物だと思ってしまうわけです。

1対1の関係なら、簡単に伝えることができ、理解してもらえるのですが、組織となるとそうはいかないものなのです。

気がつけば、ジンジャーエールを飲み干していました。そんなわけでぼぉ~っとタイムは終了。
気分転換になりつつもいろいろなことを考えてしまう自分にまだまだ余裕のなさを感じてしまいます。

鈍感力が求められるのでしょうか?

                                        ちなみにまだ読んでません。  

2007年03月11日 Posted by dttume at 11:58Comments(0)CAFE

ロビンソンのサラダランチでダイエットのはずが・・・

年末年始にかけて、宴会続きでせっかく落としたお肉もまたつき始めました。
そんなわけで、再びダイエットの道へ・・・・のはずなのですが、
なかなか去年のようにはいきません。

ちなみに去年は半年で15キロ落としたのですが、運動もせず、食事もそれなりにしてでの成果でした。

ただ、お昼は結構辛抱しました。多くはコンビニでサラダとおにぎり1個と100%野菜ジュースですごしたのですが、時々、気分転換にカフェやイタリアンのお店でランチをとることもしました。

最近、久しぶりに行ったのが、四条東洞院下がる
Boulangerie dining Next Robinson(ブーランジェリーダイニング ネクストロビンソン)

ここにはサラダランチなるものがあります。
サラダをメインにしているわけなのですが、なかなかのボリュームなのです。
だから、おなかは膨らすことができてもそれほどダイエットのことは気にしなくていいという、
そんなお店なのです。

もちろん魅力はそれだけではありません。BGMも僕好みのHouse系の音楽が流れていますし、
そして、ブーランジェリーとついていますから・・・・パンもなかなか楽しめるのです。

かわいいでしょ。

でも、せっかくのダイエットとなのにこれだけ欲張ってはねぇ~
パンは焼きたてで10種類くらいから選べる上に・・・・・食べ放題。

そこにダイエッターにとっては落とし穴があるわけなのです。
去年はそんな誘惑にも負けなかったのですが、先日は見ての量をとってしまいました。

え?もっととったやろって?
                                     いいえ、これだけです。















                                                 ほんとだってばぁ~  

2007年02月28日 Posted by dttume at 18:35Comments(0)CAFE

初めての角煮丼

最近、CAFEで気になるのはメニューで角煮丼が流行っているのではと思うほど、よく目にします。
CAFEメニューの定番ってあるのかないのかわかりませんが、一時期はロコモコとかタコライスなど、テレビで出ていたことからか、よく見かけました。

それが最近は角煮丼というわけです。

そして・・・・
昨日初めてCAFEの角煮丼を注文しちゃいました。


以前、このブログでも紹介したお店milmogの角煮丼です。

角煮は柔らかく、そして野菜たっぷりのミルモグの角煮丼ですが、なかなかヘルシーな印象でした。

最近バタバタとしていたので、ゆったりとした時間をすごせたミルモグでのCAFEランチ。
気分はリフレッシュでした。  

2007年02月08日 Posted by dttume at 16:50Comments(0)CAFE

生ブラッディマリー

生のブラッディマリーって?
血を使っているわけではありません。

トマトの生絞り、いや、すりおろしを使用しているのです。

ふつうはトマトジュースとウォッカですが、久しぶりに行きました木屋町のアンビエントカフェでは生トマトをすりおろし、調整にトマトジュースを使用しているだけなのです。

元旦早々、日付が変わったばかりに行ったのですが、いわゆる初生ブラッディマリーとでもいいましょうか・・・

僕はこのカクテルにはまってしまっているのです。
この日は2杯飲みましたが、本当にさっぱりしてうまいです。
トマトジュースの濃厚な酸味もなく、飲みやすいです。

仕上げには・・・・紅茶のロールケーキで・・・・夜カフェの醍醐味?!  

2007年01月05日 Posted by dttume at 18:21Comments(0)CAFE

cafeで夜景

先日の先斗町の弘のあと席では、夜CAFEに行ってきました。
職場の後輩やクライアントの部長さんたちは僕が意外なお店を知っていることに少しサプライズ。

とはいえ・・・・お店にいる客層からは明らかにズレていました。
夜CAFEで行ったお店ではこんな夜景が見れます。

ここはAce Cafe red。

とあるビルの最上階にあるので店内のほとんどから夜景が見れます。
すなわち、客層は・・・・・・20代前後、しかも女性同士やカップルが多いお店なのです。

そんな中、30代男女に40代男女、合計4名は・・・・・・・・・・

しかし、お構いなし。

シャンパンをあけ、そしてカクテルを飲み、スイーツを食べ、まさに夜CAFEを堪能しました。

お店にはDJブースがあり、夜はDJがいるのでしょうか、この日はいましたので、クラブテイストのノリで夜景を楽しむというムードは大人の社交場と言っていいかと思います。

もちろん、僕好みですが、このお店・・・・・・木屋町のAce Cafeと同様、人気のあるお店なので、
特に、夜は窓側に座ることができればラッキーだと思います。

BARでしっぽりもいいですが、こんなCAFEでずっぽりも乙なものです。  

2006年12月29日 Posted by dttume at 16:34Comments(0)CAFE

昼さがりのcafeでのんびり

14時半ころですが、息子とcafeに。
子供と時間を過ごすのは久しぶりですが、cafeに行くのは少し抵抗がありました。

飲食店では子供を嫌がるお店が時々あります。
しかし、その気持ちよくわかります。
学生時代、飲食店でアルバイトしていた僕もそんな気持ちになったことありますから・・・

でも、結婚してからはムカつく対象がかわりました。
子供をつれてきた親。

結局お店でおとなしくするのもはしゃぐのも・・・・・親のしつけだと思うようになったからです。
僕は子供を飲食店へ連れて行ったときに、子供がぐずぐずしたり、暴れたり(うちの子はあんまりありませんが・・・・)すると・・・・・・・子供をつれてお店を出ます。

おとなしくなるまでお店には戻りません。

赤ん坊のときからそれを徹底したせいか、比較的外食してもおとなしくしています。
それでもカフェとなると・・・・雰囲気を気にするので、やはり抵抗がありました。

でも、昼下がりに癒されたいという僕のわがままはそんな気にすることすらもふたをしてしまいました。

今日行ったお店は・・・・家から10分ほど行ったところにあるお店ですが、

いい雰囲気でした。

そんな中、子供はジュース、僕は昼ごはんを注文したのですが、子供はとっととジュースを飲んでしまって暇そうにしていました。

うろちょろはしていませんが、「家かえろ」・・・・

しかし、「もうちょっと待て」
僕は体を休めたくて、癒されたくてきたわけなので・・・
わがままさせてもらいました。

いくら自分の子供とはいえ・・・・僕も休みたいときがあるから・・・・・

                                          ・・・・・・・・・大人気ないでしょうか  

2006年12月23日 Posted by dttume at 21:51Comments(0)CAFE

心地いいお昼にmilmog

昨日は久しぶりにいい天気でした。
お昼前に仕事で京都商工会議所へ歩いていくときも日差しが冷たい空気の中じんわりと暖めてくれるような感じでコートも要らず、気持ちよかったです。

そんな気持ちよさを感じながら、京都商工会議所からの帰りにランチへといっちゃいました。

両替町二条にあるmilmogです。

ここは2回目ですが、ランチは初めて。
カウンタの後ろにはギャラリーがありゆったりとした空間でアートの世界を感じることができます。
そして入り口側はオブジェ代わりにもなりそうな、こじゃれた雑貨が陳列されています。

ランチではじっくり煮こんだハヤシライスのセットを注文しました。

外から入る初冬の日差しはひと時の癒しを与えてくれます。ランチが出るまでジィーと外の風景を眺めていました。この頭が動いていない瞬間がたまらないです。(いつも動いてませんが・・・・)

待ちに待ったハヤシライスをペロリと食べた後には、セットでついているデザートが・・・・
昨日はモカプディングにライチのメレンゲが添えてありました。
ジュワっとあふれ出てくるプディングのなかのアングレーズソースでしょうか・・・ジューシーさを演出してくれました。

添えてあるメレンゲもサクっとした感触を得た瞬間にシュワーとライチの風味を感じさせながら溶けていき、口の中で楽しませてもらいました。

本当なら、こんな日なだけにもっとぼぉーと時間をすごしたかったのですが、現実はそうはいかず・・・
職場へと帰っていきました。

例年なら、さむぅ~っていいながら歩くのもいやになるのですが、この時期ではあまりありえない心地よさとお店での気分転換が本当にマッチした数10分でした。  

2006年12月16日 Posted by dttume at 13:38Comments(0)CAFE

oggiランチ~おお!なかなかのボリューム

昨日は久しぶりに友達のお店oggiのランチへ行ってきました。

メニューが変わっていました。
オープンして1ヶ月少々・・・この界隈の状況やメニューの出具合もわかってきたからなのでしょうか・・

それにしてもこのパスタランチ、ボリュームがあります。

オードブル3品、スープ、パスタ、パン、ドリンクがついてます。
昨日は・・・

オードブル・・・ほうれん草のキッシュ モルタデッラときのこのクロスティーニ あげピザ生ハムのせ

スープ・・・・野菜のポタージュ

パスタ・・・・豚と冬キャベツのラグー(もう1品とチョイスですが)

コーヒーが飲めない僕はアフターに紅茶。

これで1000円。

さすがに思わず「採算取れてるの?」っていっちゃいました。

厨房のシェフは・・・・「趣味でやってますから・・・・」

いくらなんでも・・・・なんていいながらランチを楽しんでいました。

同じ1000円でもそれにのっかっている価値を考えると・・・・結構高い価値だと思います。


                      だって・・・祇園のうどん、そば屋さんなら・・・・何食えるでしょう?!

これ以上は怒られるのでいえませんが・・・・。  

2006年12月13日 Posted by dttume at 08:04Comments(0)CAFE

京都のCAFE prinz(プリンツ)で癒し

いつも思うのですが、CAFEという空間には癒しを感じてしまいます。
というより、癒しを求めているのかもしれません。

中間管理職のサラリーマンはつらいですから・・・(笑)

そんな癒しを求める要素として、ゆったりとした空間に音楽は欠かせない要素だと思います。
それに自然の要素が加わると文句はありません(あくまでも主観です)
もちろんオブジェなどのアートも癒しの要素にはなると思います。

京都でCAFEといえば、多くの方はefishを代表に出されるのではないでしょうか?
あそこには空間に音楽に水(鴨川)が癒しの要素として演出されています。

そんなefishをプロデュースしているのは西堀晋という方なのですが、その方はほかにも
CAFEを手がけています。
それが・・・

prinz(プリンツ)です。
上の写真を見ていただくと空間に音楽はCDを販売しているくらいですから、こだわりがあります。
そしてアート。
しかし、自然も取り入れているのです。

庭には緑に花。
ほかにも書籍の販売も・・・・

そしてそれぞれがきっちりと空間として仕切られているというのがすごいと思います。
つまり、いろんな癒しに浸れるということなのです。

さらに・・・・深夜までやっているので昨日の続きではないですが・・・夜CAFEもできます。

こんなCAFEのこと書いてますが・・・・・
                                       僕、コーヒー飲めないです!?
  

2006年12月07日 Posted by dttume at 16:03Comments(0)CAFE

夜cafeのススメ

夜の飲みに行くといつも午前さんの僕ですが・・・・
どこへ飲みに行っているのでしょう?

一番多いのは・・・・祇園・・・・・・スナックやラウンジ・・・クラブへは財布が届きません。
その次にBAR

しかし、最近は・・・ここ1年くらいですが・・・・
夜の遊び方が少し変わってきました。

まずはバルで食事。
そして・・・・BAR
しかし、時々CAFEにも・・・

深夜にCAFE。夜カフェです。
とはいえ、普通にCAFEに行くわけですが、もともとCAFEの定義としては・・・・
 1 カフェ:歩道に張り出したカフェテラスつきレストラン
 2 (小規模で家庭的な)料理店
 3 ((米))酒場, バー;キャバレー
 4 ((主に英))コーヒー店(coffee house)
 5 [U]コーヒー. [フランス語「コーヒー」
 (プログレッシブ英和中辞典第4版より)

まぁ喫茶店だけでなく、アルコールも楽しめるお店ということなのだと思います。
そんな中、数ヶ月前にこんなお店に行きました。

木屋町にあるambient cafe

初めてでしたが、お店のお兄さんは親しみやすかったです。
一人で行くとどうしてもお店の人とのコミュニケーションとなるわけなのですが、
夜CAFEの楽しみ方のひとつといってもいいのではないでしょうか?

そういう意味ではBARも同じなのですが、やはり違うのは・・・・・
スイーツ

スイーツ好きの僕にとっては食後のスイーツは・・・・・別バラです。

                              でも実は夜CAFEでスイーツ食ったことありません

どないやねん!  

2006年12月06日 Posted by dttume at 23:54Comments(0)CAFE

音と空間の癒し~Timepiece cafe

久しぶりにランチカフェに行きました。
それにしても四条河原町という街中にこんなわかりにくい場所にあるというのは・・・・

ある意味隠れ家です(笑)

池善ビルを入るのですが、入ってからが問題で・・・・案内表示はあるものの
本当にたどり着くのかななんて思うほどです。

しかし、中に入ってみると・・・・・北向きにある窓は四条通の光を入れてくれてます。
まぶしすぎず、やさしい光です。

そしてその光を包んでくれるのはBGM。
House系の音楽だと思いますが、シックだけど心地いいテンポが魂を揺さぶってくれます。
(単にHouseが好きなだけなんでけどね)

ゆったりとした空間にやさしい光と心地いい音楽を浴びて・・・・
野菜たっぷりヘルシーなエビマヨ丼を食べちゃいました。
うわさによると・・・角煮丼が好評だとか・・・

四条河原町デートの休憩には絶対お勧めな隠れ家ですが、
ここに書いちゃうと・・・・
                                         意味ないじゃん!  

2006年12月01日 Posted by dttume at 19:08Comments(0)CAFE

Acecafeでひとりcafe

おやじのひとりcafeをどう思われますか?
cafeブログのネタのために時々一人でcafeに行くことがあります。
もちろんブログネタがすべての目的ではないのですが、かといって、毎回同じところへ行くのももったいない気がして、いろんなお店にいくというわけなのです。

でも、cafeにいくとよく見る光景は・・・・・・

女性客ばかり

その次に多いのはカップル。

スーツ着たおっさんの一人は・・・・・・ぼくだけ。

ここはAcecafe

京都の夜景が見えるCafeとして女性に大人気です。
この日いったときも窓側の席は女性客で占められていました。

そんな中19時過ぎという晩ごはん時に待ち合わせの時間調整にスーツ着たおっさんが
一人お店に入ったわけなのです。

僕自身はお店の雰囲気、BGMに酔って心地よかったのですが、現実を見ると・・・
確かに浮いているような・・・・・
おまけに写真パシャパシャ。

明らかに変かも・・・・

でも、負けません。

いいお店には自分の記憶だけでなく、写真として残さないと納得いきませんから・・・


                                                The 写真小僧魂!?  

2006年11月19日 Posted by dttume at 14:53Comments(0)CAFE